虹のかなたに‐空ちゃんとお猫様


私が最も愛した空ちゃんと、ショーちゃんのリンパ腫の経過が中心です
by oshare40
カテゴリ
空ちゃん
ショーちゃん
白ちゃん
ララ姫
牛尾
お猫様
お知らせ
ワンニャンリンク

淡々と生きる

↓の日がショーちゃんのベストでした。

ショーちゃんは翌日、ひどい癲癇発作をおこし、急患で近所の病院に深夜含め二度も通院しましたが、昏睡状態になりました。一夜あけて腫瘍担当病院に入院し、よくなってきていたのですが、台風の気圧変化で再度発作がおこり、両目とも失明しました。

そして人災で、見えない右目の角膜に傷がつき、いずれ緑内障になるだろうという位、ひどい状態になり、金曜日から入院しています。真っ白く飛び出てきた眼球は、お岩さんかホラー映画の化け猫です。痛みがひどく、一時食欲がなくなったのですが、今は目玉が飛び出る所まで飛び出たので、痛みはなくなったそうです。このままだとまた痛くなるし、ほっとくわけにはいかないので、本日体調がよければ手術です。

昨日は血糖値が19しかありませんでした。腎臓も悪くなり、自宅輸液を開始した矢先でした。貧血はもちろんあります。成功率は八割。手術は10分程度の簡単なものですが、麻酔による死亡を覚悟してくださいと言われました。

近所の先生に、寛解もなく、半年以上生きてるなんて、たいしたもんだと言われました。本当にすごい猫です。
[PR]

by oshare40 | 2006-10-02 08:53 | ショーちゃん
<< 生きていくショーちゃん 輸液のせいかなあ? >>