虹のかなたに‐空ちゃんとお猫様


私が最も愛した空ちゃんと、ショーちゃんのリンパ腫の経過が中心です
by oshare40
カテゴリ
空ちゃん
ショーちゃん
白ちゃん
ララ姫
牛尾
お猫様
お知らせ
ワンニャンリンク

ショーちゃんの今

ショーちゃんの骨はお腹が真っ黒だったチビタとおかんや、頭蓋骨の中が真っ黒だった空太と違い、真っ白で焼き場の人に、きれいな骨ですねといわれた。脳圧があがりきっていないから、腫瘍専門医に診せていたら治ったかもしれない。だからといって空太みたいになってからの安楽死では、かわいそすぎる・・・

ショーちゃんが今どうしているのか知りたくて教えてもらった。休息しているそうだ。ショーちゃんは若い頃から、遊ぶより寝るのが大好きだった。だからショーちゃんの写真は寝姿が多い。この世界を離れて、彼が最初にしていることは寝ることだった。健康に戻っても、走ったり飛び跳ねたりではないのが、いかにもショーちゃんらしい。

でも、しょーちゃんが無理をしていたことがわかった。しょーちゃんはきっと安眠できなかったんだ。カラーをしてから丸くなって寝ることができなくなった。見えないし逃げられないから、牛尾や白の鳴き声に怯えた。締め忘れた襖から天敵白が入り込み、箱の中のショーちゃんとうなり合いになってしまったこともある。さぞ恐かったと思う。

自宅でばかり発作が起きるのは、何か要因があるのかもしれないと言われたことがある。病院では重病患畜用個室で完全遮音されていたから、安心できたのかもしれない。

ショーちゃんが丸くなって安らかに寝れたのは、私の腕の中だけだった。でも白や牛尾が、部屋の外で鳴き叫んでいる中、ずっとショーちゃんだけにかまってはいられなかった。腰も痛くなってくる。リビ゛ングのソファで抱いていたこともある。牛尾や白の匂いが間近でしているのだ、落ち着かなかっただろう。

寝言のように何とかが美味だったと言っているそうだ。よく判らないが、四角い小さなブロック状の物が入った猫缶があったかと聞かれ、びっくりした。ショーちゃんの大好物は、牛肉ブロックを、5ミリ四方位の賽の目にカットしたものだった。貧血にいいハツを、亡くなった大発作の夜に、解凍する予定だった。今朝、さっそくお供えした。

私がしたことは、私にとっては正しい選択ではなかったと思う。今の私は、ショーちゃんに、どんな姿でもいてほしい。一昨日、ぼーっとして安楽死に走ってしまったのは、ganbarunekoさんのおっしゃるように、ショーちゃんや空太の意志も働いていたのかもしれない。二匹は、私以上に私のしたことを受け入れてくれている。安心した。
[PR]

by oshare40 | 2006-11-10 12:13 | ショーちゃん
<< 安楽死コメントの返事追加 ショー太の死の真相 >>