虹のかなたに‐空ちゃんとお猫様


私が最も愛した空ちゃんと、ショーちゃんのリンパ腫の経過が中心です
by oshare40
カテゴリ
空ちゃん
ショーちゃん
白ちゃん
ララ姫
牛尾
お猫様
お知らせ
ワンニャンリンク
その他のジャンル

カテゴリ:お知らせ( 6 )


ありがとう、そして、さようなら

ショーちゃんに愛された思い出は、一生の財産です。ショーちゃんは、もうじき生まれ変わります。幸福な鳥として、大空を羽ばたいてほしいです。

空ちゃんは、今でもたまに降りてきます。空ちゃんの一周忌に、日本ホリスティック獣医師会からホリスティックケアカウンセラーの認定証が発行されました。

バッチフラワーレメディのレベル1を終えました。この夏レベル2を受講します。最終目標は、英国に渡ってアニマルコースを終え、バッチ財団公認アニマルプラクティショナーになることです。

今愛玩動物飼養管理士2級の勉強もしています。秋には、ペット栄養管理士のセミナーに出席予定です。

チビタの死から、8年。今までいろいろ勉強してきたことが、ようやくひとつにまとまってきたようです。これから、どうなるかわかりません。遅咲きのスタートですが、空ちゃんが、天上からずっと応援してくれているでしょう。

このブログは、悲しいこともうれしいことも、思い出がたくさんつまってます。だから、閉鎖はしませんが、更新はこれが最後になります。ありがとうございました、そして、さようなら。
[PR]

by oshare40 | 2008-03-22 07:30 | お知らせ

ごんぎつね

昨夜は早く帰って、テレビをつけたら、ごんぎつねをしていました。私が、初めて泣いた絵本の話。あんなにかわいい子狐や、やさしい母狐。

号泣しました。最期に、お前だったのかって言われて、コクリとうなづくごんがかわいそうであわれで・・。母狐の元にいって抱かれているラストシーンなんて、顔がぐしゃぐしゃになりました。

こうしている今もウルウルです。なんで、すぐ撃ってしまうだよ~と昔の話なのに、どなってしまいました。
[PR]

by oshare40 | 2006-08-10 12:26 | お知らせ

近況

ホリスティックケアカウンセラーの教材が届きました。知っていることばかりと、たかをくくっていたのに、第一章の生理学と解剖学は学んだことがなかったので、さっそくつまずいています。心臓の働き、血液のしくみ、など、覚えられましぇーん。覚えなくても小テストはできるのですが、やっぱり覚えたいなと思っています。

ショー太は薬を変えてから、一時的に元気にはなるのですが、その効果が一週間持たないようなので、先生も今後どうするか検討中です。日曜日月曜日の快活さが嘘のように、木曜日頃から、めっきり元気がなくなるのです。この抗癌剤を毎日打てればいいのでしょうが、もちろん副作用がありますから、それは不可能です。全く効かなくなってから薬を変えることは、今後の抗癌剤治療にはよくないとかで、切り替えのタイミングが大切なようです。

白吉は、土曜日に犬歯3本抜きました。いつもの動物歯科の先生にしてもらいました。急遽診察の続きだったので、立会えました。この先生は、開業した当時から飼い主が手術に立ちあうことを許可されているようで、今は独立した息子が子供の頃、犬の開腹手術を見て嘔吐したと、待合室でおばさんが話してくれました。

この日白吉の治療費13万5千円(明細あり)。高いようですが、手術を見ているので、しかたないかなと思いました。前回立ち会った時は、医師二人と看護士二人で、2時間みっちり。手術の内容も今回よりずっと複雑で、25万円ほどかかりました。今回は45分で、助手は看護士さん一人だけ。歯科用のメスや鋏を20本近く用意され、看護士さんが手際よく、その中から選んで先生に渡されていきます。一般の動物病院では、まねできないと思いました。土曜日日曜日と食欲がなかった白吉ですが、スーパーキャットぶりを発揮して、今は食欲旺盛です。口臭も、鼻水もなくなったのはさすがです。

ヴィトンのトートバッグを買わなくて、本当によかったです(汗)
[PR]

by oshare40 | 2006-08-02 12:36 | お知らせ

コメントのお返事

いつも、いつも応援ありがとうございます。空太のことからは、中々立ち直れません。自分でもこれが、ペットロス症候群なのかしら?などと分析しています。空太のことを思い出さない日はないのですが、そのたびに、泣いてしまいます。

仕事の合間にちょこちょこのぞいているので、コメントのお返事が遅くなりました。エキサイトの方は、直接そちらにお邪魔させていただきます。エキサイトでない方は、こちらでお返事します。

本当にありがとうございます。
[PR]

by oshare40 | 2006-04-18 16:48 | お知らせ

試練

皆様、いろいろありがとうございました。残念ながら、しばらく休館します。 

今日は獣医さんのかけもちでした。

空太は、少し元気になった頃、高い所に上ろうとして落下したのか、はじめから頭もうっていたのか、判断はつきかねるのですが、軽い脳障害がでてきて、再び生死の境をさまよっています。この障害だけでは死にいたらない場合も多いのですが、背骨も陥没しているし、体重が4.5キロから2.8キロに減った今、それを乗り越えられる体力があるかどうかだそうです。これに他の合併症がでたら、もう助からないそうです。昨日から、寝たきりで、食欲がなく、反応も鈍く、左側の黒目が小さくなりました。初めて、おしっこがトイレ砂に間に合いませんでした。

ショータは日曜日、今日と二つの動物病院で診てもらい、結果は二院とも腫瘍でした。二つ目の病院ではレントゲンとエコーを見せてくれました。腎臓と腸管の外にあります。三日も食べていないからか、血液検査結果が悪く、麻酔ができないので、吸引検査で、リンパ腫か単独の癌かが決定できません。どちらにしても早ければ、来月には、幸薄かった生涯を終えているかもしれません。

ショー太は、他の猫からうとんじられ、夜寝るときも、彼だけは、私の寝室に入ることを許してもらえず、いつもひとりぼっちでした。寒いとき、炬燵の中にもはいれず、ソファにいました。彼は、私の布団の中のぬくもりを知りません。彼が来たがっていたことは知っていました。そしていつも、白吉や牛尾に追い出されることも・・・

そのショー太は、死んでいく時でさえ、同じく重体の空太がいるから、私の愛情を独占できません。空太は助かる見込みがあると言われたので、よけいに、空太への看病に力がはいってしまいます。ショー太がかわいそうで、不憫で、涙がとまりません。

二匹病人がいることでつらいのは、労力が2倍いることではなくて、労力を半分しかそれぞれにあげられないことです。どんなに全力を尽くしても、その半分しか、それぞれに与えられないのです。

再開する時には、いい報告ができたら、嬉しいのですが・・・長い間ありがとうございました。
[PR]

by oshare40 | 2006-03-20 14:26 | お知らせ

メディカルA

メディカルAは、アイラ工房さんのティーツリーベースのリキッドですが、検索しましたら、現在は名前が変わっているようです。しかも、医療関係者限定となり、市販されなくなりました。以前はアイラさんからネットで直接購入できたんですが・・今の名前はティーツリーM-Aです。病院専門のシャンプーやリンス、クリームもあるようです。効果があると認められて医薬品扱いにはなったようですが、その分専門家の助言が必要になったってことでしょうか。

ショー太が膿胸になった時、同じ病気の猫の肺?を洗浄するのに、M-Aを使ったら、今まで全然減らなかった膿がほとんどなくなったという文献を見つけて、改めて、この薬の有効性を知りました。ただ、利用者は検索でみた限りではワンちゃんが多いようです。うちの場合は、人間が使う場合が断然多いですが・・
[PR]

by oshare40 | 2006-01-18 12:27 | お知らせ